光害になんて負けたりしない!東京都心でもできる天体観測

「Starry Urban Sky」へようこそ!

このサイトでは、新宿・渋谷から10km圏内という東京都心のド真ん中で撮影した天体写真を展示しています。

昨今のデジタル技術の発達で、都会でも天体撮影が楽しめるようになってきています。そして、こうした手段を使えばロクに星の見えない街なかであっても、光害の影響を乗り越えて星空を楽しむことが可能です。

ここで展示している写真はいずれも東京都内で、比較的安価な機材で撮影したものばかりです。「星を見たり写真を撮ったりは空の暗いところまで遠征しないと無理」、「高価な機材を使わないと天体写真は撮れない」といった思い込みをまずは捨てて、どんどんチャレンジしてみましょう。

そのための方法も、簡単にですがサイト内でご紹介しています。

PHD2日本語マニュアル配布中

本サイトでは、オートガイドソフトの世界標準ともいえる「PHD2」のマニュアルを、開発者チームからの正式許可を得て日本語に翻訳、配布しています。ダウンロードはこちらからどうぞ(リンク先:PDF)。

また、本サイト内でもPHD2の使い方の簡単な説明を行っています。

更新情報・お知らせ

「ギャラリー」→「夏の天体」に環状星雲 M57、「秋の天体」にらせん状星雲 NGC7293とクエスチョンマーク星雲、「冬の天体」にプレアデス星団 M45の写真を追加。NEW
「ギャラリー」→「夏の天体」に亜鈴状星雲 M27、干潟星雲 M8と三裂星雲 M20, M21、北アメリカ星雲 NGC7000とペリカン星雲 IC5067, 5070の写真を追加。
「所有機材」更新。AZ-GTiマウントおよびMAK127SPのレビューを追加。
「ギャラリー」→「春の天体」にM106、M59&M60、M53、木星状星雲 NGC3242、M83、「夏の天体」にM5の写真を追加。
「ギャラリー」→「春の天体」にM81, M82、「冬の天体」にかもめ星雲(わし星雲) IC2177、「ギャラリー」→「太陽・惑星・彗星」に46P/ウィルタネン彗星、「ギャラリー」→「天文現象」に2019年1月6日の部分日食の写真を追加。
PHD2 v2.6.5対応のマニュアルを公開。UPDATE

↑ PAGE TOP