光害になんて負けたりしない!東京都心でもできる天体観測

亜鈴状星雲 M27(惑星状星雲、こぎつね座)

撮影日時 2014年9月28日
撮影機材 セレストロン EdgeHD800+0.7×レデューサー(D203mm, f1400mm)、ビクセン SXP赤道儀
使用カメラ Canon EOS Kiss X5 SEO-SP3
ガイド鏡 ミニボーグ60ED(D60mm, f350mm)
オートガイダー ZWOptical ASI120MM
感度・露出時間 ISO1600、120秒×16コマ
備考 IDAS/SEO LPS-P2-FFフィルター使用

こぎつね座にある大型の惑星状星雲 M27をEdgeHD800とレデューサーの組合せでクローズアップしてみました。この天体も以前ED103Sで撮影しています。視直径が大きい分、それなりにちゃんと写るのですが、それでも中心部のみトリミングが必須という感じなので、長焦点で狙ってみたかったのです。

出来上がりを見てみると、さすがは長焦点、かなりの迫力です。今回は惑星状星雲の色を自然な範囲で強調し、透明感を出すために、デジタル現像の段階で色彩強調マスクを使った上で、星雲の部分以外をマスクで覆ってさらに色彩の強調を行っています。

EdgeHD800でレデューサーを本格的に使うのは今回がほぼ初めてですが、さすがに周辺減光はそれなりに大きめ。また、非点収差なのか、周縁部の星像がわずかに流れたように写る傾向があるようです。それでもそう大きな像の乱れではないですし、F7にまで明るくなるので撮影難易度もだいぶ下がって便利かと思います。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP