光害になんて負けたりしない!東京都心でもできる天体観測

中接近の火星

撮影日時 2014年4月13日
撮影機材 セレストロン EdgeHD800+Meade 3x TeleXtender(D203mm, f6096mm)、ビクセンSXP赤道儀
使用カメラ モノクロ:ZWOptical ASI120MM
カラー:ZWOptical ASI120MC
露出時間 モノクロ・カラー:約90秒, 約40fps
その他 モノクロ:約3300フレームをAutostakkert!2でスタック後、Registax6でウェーブレット処理、ステライメージ7で最大エントロピー法による画像復元
カラー:約3500フレームをAutostakkert!2でスタック
得られたモノクロ、カラーの画像をステライメージ7でLRGB合成

2014年4月13日に撮影した、いわゆる「中接近」のときの火星です。

地球のすぐ外側を回っている火星は、太陽の周りを687日かけて回ります。地球は365日で一周しますから、つまり地球は常に火星に追いつき、追い越すということを繰り返しているわけです。この、地球が火星を追い越すとき……つまり火星と地球、太陽が一直線に並ぶときには、火星と地球との距離が近づくため、観望の絶好のチャンスとなります。このような現象は約780日=約2年2ヶ月ごとに起こります。

ところが火星の場合、惑星としてはかなりつぶれた楕円軌道を描いて公転しているため、地球が軌道上のどこで火星を追い抜くかによって、最接近時の距離が大きく変わってきます。もし、火星が最も太陽に近づいたあたりで追い抜きが起これば、火星と地球の距離は最も近づくことになります(火星の大接近)。このようなパターンの接近は15年ないし17年ごとに起こります。

逆に火星が太陽から最も離れているときに追い抜きが起こると、火星と地球の距離はそれほど小さくなりません(火星の小接近)。大接近の場合、火星と地球の距離は5600万kmほどにまでなりますが、小接近の時には1億km以上も距離があります。そのため、「接近」といっても見かけの大きさが2倍ほども違うことがあります。

2014年の接近は「小接近寄りの中接近」……「準中接近」とでもいったところで、最も接近した4月14日の火星-地球間の距離は9239万kmでした。

地球と火星の軌道
地球と火星の軌道
火星の軌道は大きくひしゃげていて、そのため接近時の距離が2倍近くも変動します。下は、各接近時の火星の見かけの大きさを同じスケールで比べたものですが、火星との距離によってかなり見かけの大きさが変わるのが分かります。

この日は移動性高気圧の圏内とはいえ、南岸に前線が近づいていたせいかシーイングは悪く、時折薄雲が天体の前を横切るなど、条件はあまりいいとは言えない状態でした。しかし週間予報を見る限り、当分晴れ間は期待できなさそうだったので、撮影を試みました。

ちょうど火星で最も目立つ模様である「大シルチス」が中央右寄りに見えていて、その上には「ヘラス盆地」にかかる白雲(あるいは霜?)が見えています。北極(下側)に見えている極冠よりも目立つため、どちらが極か分からなくなりそうです。

中央左側にも明るい部分が見えますが、これは「エリシウム山」という山の頂にかかっている雲です。ちなみにこのエリシウム山、標高が13862mもあります。それでもオリンポス山(標高21171km)やタルシス三山(アスクレウス山:標高18209m、アルシア山:標高17779m、パヴォニス山:標高14037m)と比べるとまだ低く、火星の山のスケールには驚かされるばかりです。

撮影条件としてはあまりよくなかったですが、にぎやかな火星面でなかなか楽しめました。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP