光害になんて負けたりしない!東京都心でもできる天体観測

木星 2016年5月22日

撮影日時 2016年2月22日 20時18分2秒
撮影機材 セレストロン EdgeHD800+Meade 3x TeleXtender(D203mm, f6096mm)、ビクセンSXP赤道儀
使用カメラ ZWOptical ASI120MC
露出時間 約90秒, 約30fps
その他 約2000フレームをAutostakkert!2でスタック後、Registax6でウェーブレット処理

2016年5月22日、動画カメラを用いて撮影した木星です。

いつもはモノクロカメラのASI120MMを併用してLRGB合成で仕上げているのですが、今回はモノクロカメラで撮影した方の画像がどうも不調で、スタッキング→ウェーブレット処理とやると継ぎ目破綻が発生してしまいました。使用ソフトやパラメータをいろいろ変更してみたりもしたのですが、どうにもならないのでカラーカメラの画像だけを処理。それでもこれだけ出るのですから、カラーカメラの一発撮りも案外悪くないかもしれません。まぁ、相手が明るい木星だから……ということもありますが。とはいえ、カラーカメラの性能もどんどん上がってきていますから、最新のカメラならもはやLRGB撮影は不要かもしれません。

この日は移動性高気圧が上空にあって、特に宵のうちはシーイングが比較的安定していました。運の悪い自分としては珍しく、ちょうど大赤斑が手前にある時間帯だったのもうれしいところ。大赤斑後方の縞の擾乱などもよく分かります。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP