光害になんて負けたりしない!東京都心でもできる天体観測

モンキー星雲 NGC2174(散光星雲、オリオン座)

撮影日時 2015年2月14日
撮影機材 ミニボーグ60ED+レデューサー0.85×DG(D60mm, f298mm)、ビクセン SXP赤道儀
使用カメラ Canon EOS Kiss X5 SEO-SP3
ガイド鏡 ペンシルボーグ25(D25mm, f175mm)
オートガイダー ZWOptical ASI120MM
感度・露出時間 ISO1600、120秒×32コマ
備考 IDAS/SEO LPS-P2-FFフィルター使用

オリオン座とふたご座の境界付近、星座絵で言うとオリオンが振り上げたこん棒のあたりにある小さな散光星雲です。南を上にして見た時に(上の写真だと、上下を逆さまにした時に)、サルの横顔のように見えることから「モンキー星雲」という愛称が付けられています。もっとも、見方によってはこのままの方向でも、唇をちょっと突き出したチンパンジーを斜め上から見ているように見えなくもありません。

この星雲も、他の多くの散光星雲のご多分に漏れず、写真には写るものの眼視ではほとんど見えません。この写真は「ばら星雲」を撮ったのと同じ夜に撮ったものですが、こちらもばら星雲と同様、撮った直後は光害に埋もれて星雲部分はほとんど確認できませんでした。散光星雲としてはどちらかといえば撮りやすいもののはずですが、都心の光害の中では一苦労です。

かなり無理やりあぶりだしたので、色がやや濁り気味なのが反省点です。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP