光害になんて負けたりしない!東京都心でもできる天体観測

ひまわり銀河 M63(系外銀河、りょうけん座)

撮影日時 2017年1月28日
撮影機材 セレストロン EdgeHD800(D203mm, f2032mm)、ビクセン SXP赤道儀
使用カメラ Canon EOS Kiss X5 SEO-SP3
ガイド鏡 セレストロン オフアキシスガイダー使用<
オートガイダー StarlightXpress Lodestar
感度・露出時間 ISO100、900秒×8コマ
備考 IDAS/SEO LPS-P2-FFフィルター使用

りょうけん座にある渦巻銀河で、その形から「ひまわり銀河」の愛称があります。りょうけん座には「子持ち銀河」M51をはじめ、明るい銀河がいくつかありますが、このM63も約8.5等と比較的明るい銀河です。M51などとともに「M51銀河群」と呼ばれる集団を形作っています。地球からの距離はおよそ2500万光年ほど。

写真で見ると、「花びら」に相当する腕の部分に暗黒帯が複雑に入り組んでいるのが分かります。撮影した日はシーイングが悪くて微細構造が潰れ気味ですが、それでも他の銀河とは違う特徴的な姿が見て取れます。春本番になれば、移動性高気圧に覆われて気流の落ち着く日も多くなるはずですが、一方で、昇ってくる時刻が早まる&春霞のために光害の影響が強く出るはずで、そのあたりが悩ましいところです。

ちなみに、M63のすぐ北西側にある明るい星はM63とは無関係の星。それどころか、この写真に写っている星はすべて私たちの銀河系内の星です。M63は銀河系と同程度の大きさを持つと考えられており、それも併せて考えると、遠近感を感じられて面白いかと思います。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP